完全版マハーバーラタ 世界最長の叙事詩をピーター・ブルック以来の全編舞台化

2020年7月4日〜7日 なかのZERO大ホール

COMMENTS

舞台関係者のみならず各界著名人からコメントが届いています!

京都佛立ミュージアム館長
京都・長松寺/横浜・妙深寺 住職 長松清潤

「文に非ず、其の義に非ず、唯だ一部の意のみ。」

まずこの聖句が浮かんだ。境界線に立つ人類。超越する意志。小池博史氏の心象が生み出したアバターが乱舞しながら深層意識に波紋を起こしてゆく。

仏教の奥義と小池作品が通底して見えるのは何故か。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。

今福龍太

文化人類学者

蝶は風を受けて飛ぶ。いやむしろ、風を切って飛ぶ。いやさらにいえば、みずから風を孕み風を生み出す。 吹きすさび循環する大風のような物語。小池舞台はそんな物語を生成する未知なる蝶の飛翔だ。